読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんの二輪免許取得挑戦記⑥

    「えーーーーーーっ!  ちょっとまだ自信がないんですけど…。」
「ではもう一度だけ練習しましょう。」
いやー、急に言われて焦ってしまった。実際に走らせないと教習にならないのは当たり前だけど、心の準備ができてなかった😅。再度の練習をするうちに覚悟を決める。そしてエンジンをかけいざ発進。もちろんエンスト😵クラッチが繋がるポイントがいまいちわかりにくいのと、怖くてアクセルが思いきって開けられないのが原因。気を取り直して慎重に発進。なんとか走り出す。あとの指導は無線でバイクに取り付けられたスピーカー📢からの教官の指示に従う。返事をしても向こうには聞こえない。発進後すぐに
📢「はい、2速にして。」
    「はい。」聞こえないことはわかっていても返事をしてしまう。
📢「カーブは2速で曲がってください。」
    「はい。」
📢「下を見ないで前を見て。」
    「はい。」
なんとか一周してくる。
教「どうですか。」
    「いや~、こわいですね。」
教「すぐに慣れますよ(笑)」
心の中で「ほんとかなー。」
2、3周して最初の教習終了。疲れるわー😅