読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんの二輪免許取得挑戦記⑦

11月10日(月)
教習二日目。プロテクターをつけ、ベンチに座って頭の中で前回の復習をしていると知らぬ間に時間になっていた。教官はもう教習車の側に立っている。慌てて走っていくと「ここで待つように言われてますよね。」「はい、すみません。」こわっ。前回とは違う教官先生。毎回替わるのかな!?  挨拶のあとすぐに「乗車。エンジンかけて。外周一周してきて。」「はい。」ウォーミングアップらしい。でもエンスト。「クラッチ放すの早すぎますよ。」「はい。」何とか一周してくる。この時間は左折の練習で、縁石に沿って曲がる。速度を落とすので倒れそうで怖い。つい下を見てしまう。
📢「下を見ないで、カーブの先を見て。」
    「はい。」
📢「もっと小回りをして。縁石から離れすぎ。」
    「はい。」
これの繰り返し。終わる頃には少し慣れたかな、という程度。
因みにこの一時間の内に発進時のエンストでバランスを崩し、いわゆる立ちゴケを経験。でも、コケることには慣れたくない…